自律神失調

自律神経失調とは

自律神経は、生体の意志とは無関係に、内臓・血管・腺などの機能を自動的に調節する神経系で、交感神経と副交感神経からなり、多くは互いに拮抗的に作用している。
自律神経は全身の器官をコントロールするため、バランスが崩れると全身の機能に支障をきたし、さまざまな症状が出ます。

自律神失調について

こんな方は要注意

身体症状

  • ・めまい
  • ・冷や汗が出る
  • ・体の一部が震える
  • ・緊張するようなところではないのに動悸が起こる
  • ・血圧が激しく上下する
  • ・急に立ち上がるときに立ちくらみが起こる
  • ・朝起きられない
  • ・耳鳴りがする
  • ・吐き気
  • ・頭痛
  • ・微熱
  • ・過呼吸
  • ・倦怠感
  • ・不眠症
  • ・生理不順
  • ・味覚障害

テキストが入ります

精神的な症状

  • ・人間不信
  • ・情緒不安定
  • ・不安感やイライラ
  • ・被害妄想
  • ・うつ状態など精神的な症状が現れることも多い

テキストが入ります

当院での治療法

主に、鍼灸治療遠絡療法オステオパシーなどで治療します。
自律神経失調症は症状が多彩なので、症状を追いかけ一つずつ治療するより、真の原因を探し治療します。
万年的な頸部痛や肩こり、たびたび寝違いを繰り返すなど、頸に何らかの症状を持っている方が多いです。